ねこむーが女子にオススメしたい漫画の感想を書いていきます。

ねこむーのオススメ漫画

薬屋のひとりごと

『薬屋のひとりごと』美しい後宮で次々と起こる事件  感想・考察・無料立ち読み

更新日:

 

こんにちは、ねこむーです。

 

美しい後宮で次々と起こる事件 

 

薬屋のひとりごと

 

の、感想を書いていきます。

 

 

 

 

 

『薬屋のひとりごと』美しい後宮で次々と起こる事件  あらすじ・感想

 

大注目、「小説家になろう」発。

 

 

 

ヒーロー文庫の大人気タイトル『薬屋のひとりごと』が、待望のコミカライズで登場です。

 

 

 

「露店の串焼きが食べたいなあ」

 

 

 

そう空を眺めながら思っているのは 後宮で働く下女の猫猫(マオマオ)でした。

 

 

 

彼女は花街で薬師として暮らしていましたが、薬草採取に出かけた森で、迷惑にも人攫いにあってしまい 、この後宮に売り飛ばされて来たのです。

 

 

 

あれから3ヶ月下女として働いている彼女の心配事はただ一つ、自分と共に暮らしていた義父の存在でした。

 

 

 

 

「ちゃんとご飯食べてんだろうか」とため息をつく猫猫。

 

 

 

 

そんな彼女の視線の先には着飾った女性たち。

 

 

 

むせかえる化粧の香り、花街とさして変わらない雰囲気。

 

 

 

ココ後宮は宮中でも区分された帝の子を成すための女の園。

 

 

 

日本でいうと江戸の大奥のようなものでした

 

 

 

男子の立ち入り禁止入れるのは皇帝陛下とこんなその血縁のみ

 

 

 

 

後は宦官と呼ばれる大切なものを失った元男性のみ

 

 

 

 

せっかく薬師でやってきたのに、売られたか身代わりにされたかは知らないけど、できれば一生後宮には関わりたくなかった…

 

 

 

 

そう、後悔する猫猫でしたが彼女にはある目標があったのです。

 

 

 

それはこの後宮、年季が明けるまで目立たないように働いていれば、お役御免となり晴れて自由の身となるのです。

 

 

 

その時まで、目立たぬように過ごしていこうと心に決めていた彼女。

 

 

 

しかし、相次ぐ皇帝の子供の不審死にかかわったことによって、とある人物たちから猫猫は目を付けられるようになってしまい、、、!

 

 

 

『薬屋のひとりごと』の無料試し読み方法はコチラ>>

 

 

『薬屋のひとりごと』毒見のお仕事が舞い込んできて?! あらすじ・感想

 

薬屋のひとりごとは、文庫の大人気タイトルが待望の漫画化したお話です。

 

 

花街で薬師として義父と共に暮らしていた、主人公の猫猫。

 

 

ある日、薬草を取りに行った先で人攫いに会ってしまいます。

 

 

そのまま後宮に売り飛ばされてしまった彼女は、下女として働くことになりました。

 

 

それから3か月。下女としての暮らしに慣れてきた猫猫には、年季にお役御免で解放される事を目標に頑張って働いていたのです。

 

 

後宮。そこは皇帝が住まう宮中に建てられた女の園。

 

 

皇帝の子供を成すためのこの場所は、同時に多数の妃たちが火花を散らす場所でもあったのです。

 

 

 

花街と同じように女性が着飾り、むせかえるような化粧の匂いが取り巻く後宮。

 

 

男の人は皇帝とその血縁者しか入れない、女の園。

 

 

 

できればこの場を早く去りたいと考える猫猫でしたが、ある事件をきっかけに侍女として出世をしてしまいます。

 

 

折角お役御免を目指していたのに、自分専用の部屋まで用意してもらい、彼女の後宮生活は大きく変化するのです。

 

 

しかも、周りの侍女たちはお菓子をくれたり、何かと気遣ってくれたりしてきます。

 

 

何かおかしなことでもあるのかと、不思議がっていた矢先、彼女に任命されたのは「毒見のお仕事」だったのです。

 

 

猫猫が仕えている「玉葉妃」は、過去に2回食事に毒を盛られてしまい、その都度毒見役の侍女が命を落としたり、後遺症を残してしまうと言う悲惨な惨状が会ったのです。

 

 

侍女の人たちは猫猫が幼いのに毒見役に指名されてしまった事を憐れみ、優しく接してくれていたのです。

 

 

そんな心配を他所に、毒見用のご飯を美味しそうに頬張って堪能していく彼女。

 

 

実は、猫猫は好奇心から実験と称して自分の身体を毒にならしていたことがあって、、、!

 

 

 

『薬屋のひとりごと』の無料試し読み方法はコチラ>>

 

 

『薬屋のひとりごと』煌びやかな後宮で渦巻く事件 あらすじ・感想

 

主人公の猫猫は、花街で薬師として働いていました。

 

 

しかし、不運にも薬草を採取している山の中で人攫いにあい、後宮へ売り飛ばされてしまうのです。

 

 

下女として働くことになった猫猫が務める後宮は、帝の子をなすための女の園。

 

 

皇帝に気に入ってもらおうと、自分を着飾って化粧を楽しむ美女揃いの妃たち。

 

 

折角薬師としてやってきた猫猫は、とても煌びやか過ぎるその場所から早く離れたいと思っていました。

 

 

女官の中には字も読めない人もたくさんいます。

 

 

後宮に務める以上事前に礼儀は叩き込まれるのですが、学となれば話は別。

 

そんな下女でも極まれに下級ではあるが、妃になる事があります。

 

 

つまり、見た目なのです。

 

 

ソバカスとぺったんこで絶壁な自分には関係話だな、、、と自分で言いながらショックを受けつつ仕事に勤しむ彼女。

 

 

結局文字が読めても、別の仕事が待っていて、給金が上がった所で人攫いをした誘拐犯に間引きされる金額が増えるだけなのです。

 

 

とにかく目立つわけにはいかないので、薬師としての身分を隠し過ごしている彼女の耳にとある、妙な噂が入ってきます。

 

 

その噂は、帝の世継ぎの赤子のうち3人が生まれたから、間もなく命を落としてしまっているという事でした。

 

 

今いる二人の息子と公主が今も生きてはいますが、体調はよろしくない状態。

 

 

誰の陰謀かわからず、衝突する妃たち。

 

 

そんな中、公主の親である玉葉妃に呪いの嫌疑がかけられてしまいます。

 

 

そんな中、猫猫はこの事件の真相にたどり着いていて、、、!

 

 

『薬屋のひとりごと』の無料試し読み方法はコチラ>>

 

 

薬屋のひとりごと 作品情報

 

作品名 薬屋のひとりごと
作者 日向夏(ヒーロー文庫/主婦の友社)
ねこクラゲ
七緒一綺
しのとうこ
価格  1巻 606pt
サンプル 無料サンプルページはコチラ
配信元 BookLive!コミック

 

『薬屋のひとりごと』を無料試し読みする方法

 

BookLive!コミックで無料試し読みできます。

サイトに飛んだら【薬屋のひとりごと】で検索。

▼  ▼  ▼  ▼

クリック
⇒『薬屋のひとりごと』を読む

 

Step1.「薬屋のひとりごと」で検索

 

Step2.「無料立ち読み」をクリック

Step3.無料試し読み開始です♪

 

クリック
⇒BookLive!コミックはこちら

 

 

 

-薬屋のひとりごと
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ねこむーのオススメ漫画 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。